SONY α6000シリーズユーザーでSELP1650を使用している人にオススメしたい自動開閉キャップ


SONYのα6000、α6300、α6500、そして2019年1月に発売されたα6400において、標準レンズとして用意されているSELP1650(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP16-50)。

このレンズは116gととても軽く、一般的にパンケーキレンズと言われいるレンズ。ボケ具合や表現力といった部分では劣る部分も多いレンズだが、標準レンズということで値段も手軽で、本体ボディの軽さも相まって普段使いには気軽に撮影できるレンズである。

気軽なレンズだからこそ、シャッターチャンス時にいちいちレンズキャップを外すのはめんどくさい。そんな中、『あそびとりっぷ』のよこっちさんの『SELP1650』レビュー。わずか116g、日常に馴染む標準ズームレンズの記事を見て、この記事の後半にさりげなく紹介されていた自動開閉キャップに一目惚れしたので早速購入してみた。

スポンサーリンク

気軽なレンズだからこそオススメしたい自動開閉キャップ

シンプルイズベストな外観


Amazonで注文してすぐ届いたのだが、余計なものは一切なく、本当にキャップだけが届いた。説明書すら入っていないので戸惑う人もいるかもしれないが、装着はいたって簡単。

薄さ4ミリ!デザインもまるで純正キャップのよう


こちらが装着前のα6000。Kenkoのレンズフィルターを付けているが、以前からこのレンズフィルターの段差も気になっていた。


こちらが自動開閉キャップ装着後。Kenkoのレンズフィルターを外して、その部分に回してこの自動開閉キャップを装着している。横から見るとまるで純正キャップのようにフィットしている。


正面から見るとこんな感じ。メーカーロゴ等も入っていない商品なのですごくフィットしている。

レンズフィルターとは併用できないので注意

自動開閉の仕組みはレンズの繰り出しによってキャップが開くようになっており、そのため先ほど述べたようにレンズフィルターとは併用して装着ができない。そのため使用中はレンズにダイレクトに砂埃などが当たるので、使用後のメンテナンスは必須。綺麗にゴミを飛ばしておこう。

まとめ

値段も3000円を切る手頃なか価格の自動開閉キャップ。安さ故に耐久性は未知数であるが、今後その部分に関しては様子を見ていきたい。Amazonのレビューにも“全てプラスチックで作られているため1年ちょっとで開閉が不完全になった”とあったので、消耗品と考えておいた方がよさそう。それでも気軽なレンズだからこそ、この値段でレンズキャップの煩わしさから解放されのは嬉しい。SONYのα6000シリーズユーザーでSELP1650を使用しているユーザーにはぜひオススメしたい自動開閉キャップである。