iPhoneのノッチを気にならなくするには「OAproda全面保護ガラスフィルム」がオススメ


新しいiPhoneを手に入れた時、真っ先に行うことが保護フィルムの貼り付け。

iPhone6Sを購入した頃から保護フィルムの中でもガラスフィルムを愛用しているのだが、iPhoneX購入時にはノッチ部分が切り取られた保護ガラスフィルムが主流だったため、Anker製の保護ガラスフィルムを使用していた。

その後、ノッチ部分も保護しつつ、FaceIDへの影響がないものが発売され始め、その中でも評判が非常によかった「OAproda全面保護ガラスフィルム」を購入したので紹介したいと思う。

スポンサーリンク

全面保護はフィルムを付けているのを忘れさせる

外箱のデザインは至ってシンプルなデザイン。最低限の情報しか記載はない。

箱の中身もスマートに収納されている。

中身をバラすとこんな感じ。

ほぼ他のガラスフィルムと同じ構成の中身である。

  • 貼り付けガイド枠
  • アルコール洗浄シート、クリーニングクロス、ほこり取りシール
  • ガラスフィルム1枚
  • 説明書
  • カスタマーさーんビスカード

ちなみに1000円前後の全面保護ガラスフィルムは2枚付属のものが多いが、このOAprodaは1枚のみなので注意。貼り付けは1発勝負だ。

貼り付け終了後がこちら。パッと見ると保護フィルムを貼っていないかのような美しさ。

ちなみに横着してダイニングで貼り付けていたため1箇所ポチッとほこりが混入してしまったので、説明書の記載通りお風呂場等のほこりの少ない場所で全裸での貼り付けを推奨する。

先日紹介したApple純正レザーケースも干渉することなく、フィット感が素晴らしい。

まとめ

ノッチ部分が切り取られた保護ガラスフィルムはノッチ部分が余計に目立ってしまいがちで、特にスリープ時は画面がついていないのにノッチ部分が目立つ。

でもこのOAprodaの全面保護ガラスフィルムは、フィルムを付けていないような感覚の美しさがあり、FaceIDの認識ももちろん問題なく、また指の操作もなめらかに滑り非常に快適である。

2枚1000円程度の全面保護ガラスフィルムが多い中、こちらの商品は1枚1000円程度だが、そのコストに見合うほどのクオリティであるのでぜひオススメしたい。