京都鉄道博物館帰りは梅小路オススメスイーツ、天然かき氷の『鹿の子』がオススメ


先日ゴールデンウィークに家族で京都鉄道博物館に行ってきました。

その日はかなり暑く歩き回ってクタクタに。帰りにスイーツでも食べて一休みしたいなと思い、事前に調べていたかき氷屋さんの鹿の子に行ってきたので紹介したいと思う。

スポンサーリンク

こだわりの天然氷にこだわりのシロップ

場所は京都鉄道博物館から歩いて5分梅小路公園入り口向かいあるオシャレな建物「京果会館(KYOCA)」の2階。もし帰りに京都駅へ向かうのであれば、バス停もすぐ側にあるので寄り道がてらに寄ることもできる。

正面左の入り口から建物の中に入ると、ここで合ってるのかな?思うほど少し薄暗い雰囲気なのだが、階段を上がり2階へ。さらに薄暗くなり奥に進んでいいのか躊躇するほど。というのも他にあった飲食店が夜からの営業だったこともあってかなり薄暗い。すさまじい穴場感。知る人ぞ知る店という感じがにじみ出る。

奥に進むと看板を発見!

よかった。。営業していた(笑)

南アルプス・八ヶ岳の天然氷のかき氷『鹿の子』

鹿の子のかき氷は八ヶ岳麓の蔵元八義の天然水を使用しており、日本の名水百選にも指定された八ヶ岳南麓高原湧水群のおいしい水を使用して作られた氷を使用している。

鹿の子は氷へのこだわり以外にも手作りにこだわっており、かき氷のシロップはもちろん、ドリンクに使用するシロップ手作りだそうで、他にも練乳も手作りだそうだ。少しずつゆっくり牛乳を煮詰めて時間をかけて作るこのこだわりっぷり。

名メニューはかき氷以外にもパスタやパンケーキ等もあるようです。パスタのミートソースも手作り!

店内は少し狭めでカウンターが5席あるのだが、外のオープンスペースでの飲食もできる。

それにしてもどれにしようか迷う。。

注文を聞いてから1つずつ丁寧に作られるので、できあがるまでに時間が少しかかるのも楽しみの1つ。蜜も注文を受けてから1つずつ手作りするこだわりっぷり。

迷いに迷った挙句、私は鹿の子みるく(900円)を注文

娘と妻は宇治抹茶金時(950円)を注文
写真は忘れちゃいました(笑)
息子は生いちご(950円)を注文


ふわふわで柔らかすぎるため、スプーンを入れた瞬間に雪崩が起きるので要注意。子どもたちは最初雪崩との戦い(笑)サクッとしたこの氷の感じ、さすが天然氷を感じさせる。
口当たりもよく、すっと口の中でとろけていくこの感じがたまらない。

私が注文した鹿の子みるく特製ミルクシロップと中にとろとろのパンナコッタが入っており、さらにその上には生クリームと甘党にはたまらない甘さとおいしさ!京都鉄道博物館で歩き回った疲れも吹っ飛ぶほどのおいしさである。

息子の食べていた生いちごを味見させてもらったが、こちらも絶品!いちごを丸々つぶしており、かき氷を食べているのに生いちごを食べているこの感覚。ミルクシロップとの相性も抜群だった。そういえばいちごのシロップのかき氷はよく食べるけど生いちごのかき氷なんて早々食べる機会ないよなぁと注文していないことを後悔してしまうレベル。

娘と妻が食べていた宇治抹茶金時も絶品。さすが京都の抹茶。かなり濃厚な抹茶でして最近抹茶にハマっている娘も大満足!白玉ももちろん手作り大人のかき氷って感じがする。

他にも生キウイ生パインヨーグルトも食べてみたいとあげればキリがないのだが、みんなでいろいろ頼んで分け合うのもいいかもしれない。また季節によってメニューに入れ替わりもあるなので季節限定メニューも要チェックだ。ホームページのメニューを見るだけでヨダレが出るレベル。

実は梅小路公園内にもカフェ等があるのだが、夕方の時間は非常に混雑している。
5分歩くだけでこの穴場感、この癒しの空間。これからの暑い季節、京都鉄道博物館の帰りにそっと足を伸ばし寄ってみてはいかがだろうか?

私も京都鉄道博物館の横にある京都水族館に今度行きたいと思っているので、またその帰りに寄りたいと思う。

場所: 〒600-8841 京都府京都市下京区朱雀正会町1-1 京果会館2階
TEL:075-708-7150
定休日:金曜日(7月15日〜9月までは休まず営業)
HP:http://kanoko-kyoto.com