WordPressに移行して1年。ブログを通して得たスキルや学んだことまとめ


2018年の5月にはてなブログからWordpress移行して早1年が経過した。2005年から無料のブログサービスでブログとは呼べない本当に日記的なものは毎日書いていたけれど、2017年の秋にはてなブログを始めて、自分自信の経験や価値観を同じような年代の人と共有したいと思い、何もわからないままサーバーを契約したりドメインを取得してこのChangma-Styleを開設した。

「投資は3年で回収できればいい」を合言葉に、欲を言えば1年目でサーバ代とドメイン代だけでも収益が出れば実質無料だなという思いで開始したが、無事半年で初年度の投資は回収することができた。

この記事に辿り着いた人の多くはこれからブログ運営を始めてみようと考えている人や、私と同年代の運営者や読者も多いはず。

ちょうどいい機会だと思うのでこの1年のブログ運営を通して得ることができたスキルや学んだことを紹介したいと思う。

タイトルは検索ワードを意識する

普段自分はどんなワードで検索しているだろうか。検索の方法は人によって千差万別だが、最近は検索ワードの組み合わせを誘導してくるケースも多い。これらのキーワードを入れるのは非常に重要であり、逆にキーワードを入れてもなかなかヒットしない場合はその分野にチャンスがあるということでもある(あまりにも的外れなワードの場合は逆効果)。

文章の構成力がついた

ブログの運用を初めて1番身についたスキルがアウトライナーである。アウトライナーとは簡単に言うと文章の全体を構造を定めてから細部を作っていくというもの。闇雲に文章を書き始めるのではなく、h2・h3・h4といった大見出し・中見出し・小見出しといったタグの構成を意識していき、その内容を詰めていくことである。このアウトライナーのスキルは仕事でも役立つし、自分自身まだまだなスキルでもあるのでこれからどんどん磨いていきたい。

ターゲットと方向性を定める

この1年で大きく学んだのは「誰かが読んでくれたらいいな」では誰も読んでくれないことである

記事を読んでもらうにはターゲットと方向性を明確に定め、できることならば特定の一人の人間まで落としむことが大事である(マーケティング用語でいうペルソナ)。

こんなことを書いているが、私自身はこの1年間、明確なターゲットと方向性はなかなか定まらず、ふわっとしたまま過ぎてしまった。次の1年はこの気づきを大事にしていきたい。

自分にしか書けない記事を見つける

自分にしか書けない記事というのが一番難しい。客観的に自分を観ると、今はまだ会社員だし、結婚していることもあって潤沢な資金がある訳では無い(お小遣い制)ので、ガジェットブロガーのようにいろいろすぐ購入できるわけではない。。それでもいいモノには投資したいという思いもあるので、限られた資金の中で吟味したものを購入したものを紹介するのは自分らしい記事なのかもしれない。他にも子育て・育児論は千差万別なので自分にしか書けない記事の1つであると思う。子供も大きくなってきたので今後は記事を増やしていきたいテーマだ。次の1年はこの自分にしか書けない記事をよりターゲットを明確に書いていきたい。

結局大事なのは納得できる記事

以上4点を上げたことは今十分にできているとは言えないことであり、これから意識していきたい内容だ。

このChangma-Styleの大半は検索してこられる訪問者であり、調べたいことがあるから検索してこのブログに辿り着いている。検索して訪れたサイトで解決することができればその商品を購入するだろうし、その筆者に興味が湧くだろうし、SNSをフォローしたり、Feed登録して興味感心のなかった記事でも読んでくれたりする。

「なんだ自分が普段していることじゃないか」

改めて客観的に見るとそうなのだ。普段自分がしている逆のこと、つまり訪問者の問題・疑問・悩みなどを解決できる記事を書くことを意識すればいい。ヒントは普段自分が検索して解決してくれた記事にある。

言うのは簡単、実行するのは難しいことだらけだが、Changma-Styleを見て解決した、買ってよかったと言えるようなブログにこれからしていきたい。