WordPressのエディター欄が狭くなったときの対処法


このブログは基本iPadで90%仕上げており、最終的にブラウザのWordPressで仕上げを行なっているのだが、ある時からiPadでブラウザのWordPressを開いたときにエディター欄の高さが狭く非常に編集しづらいものになっていた。

ここで紹介するエディター欄が狭くなった時の対処はプラグインが影響を与えていないかの確認を踏まえての対処法となる。

スポンサーリンク

iPadのSafariはPCブラウザで設定したものが適用されている。

こちらの画像はPCのFirefoxでWordPressを開いた状態。

右上の表示オプションをクリックすると、追加設定という項目があり、最大行表示エディターと集中執筆モード機能を有効化しますというチェック項目がある。iPadのWordPressのエディターの高さが狭くなった時はこちらにチェックが入っていたので、まずはこのチェックを外す。

このチェックを外すと一旦エディターの高さが最低限に変更されてしまったが、エディター右下の斜線が入っている箇所を下へドラッグすると高さを自由に設定することができる(あらかじめ任意の高さを設定していた場合高さは最低限にはならない)。

次にこちらのiPadでWordPressを開いた画像では、さきほど紹介した追加設定の項目がなく、斜線部分をタップしても高さは広がらない。

再度PCブラウザのWordPressで先ほど紹介した箇所を下へドラッグし、高さを広げる。

するとiPad側のWordPressも無事に高さが広くなる。

まとめ

高さが変更できなかった原因としてはブラウザのWordPressで追加設定にチェックが入っていたことや、チェックを外しても任意の高さに変更していなかったため、iPadのWordPressのエディター欄の高さが最低限となっていた。PCのブラウザで設定したエディターの高さがiPadでは採用されるので、困っている方は一度試してみてはいかがだろうか