モニターアームでデッドスペースの解消!有孔ボードとディアウォールで収納も作成!②完成編


前回のモニターアームでデッドスペースの解消!有孔ボードとディアウォールで収納も作成!①の記事でデッドスペースの解消に向けた作業のポイントをまとめて紹介させていただいた。

今回の記事では実際の作業の流れから完成までと、かかった費用をざっくりとまとめたいと思う。なお作業は7月下旬に猛暑の中エアコンもつけず一人で行ったこともあり、作業の写真が少ないのはご容赦いただきたい。

作業の流れから完成まで

PC、配線の取り外し

モニター3枚にデスクトップ2台。どちらのPCからも3枚のモニターに出力出来るようにしているので配線は非常に複雑だ。またオーディオインターフェイスやスピーカー等の配線もあるため、外す前にどこの何の線か、1つ1つテープにメモ書きし貼り付けていった。こうすることにより再接続時はスムーズにいく。

LOWYAのL字デスクの解体

モニターとPCを撤去した後、いよいよL字デスクの解体である。基本的にこのLOWYAのL字デスクは接着剤は使用されておらず、ビスと木ダボの組み合わせで組み立てていたため電動ドライバーがあれば比較的簡単に解体することができた。

2×4材の設置

PCを撤去しデスクを解体した後がこちら。

ここで2年前に引っ越してからあまり掃除もできてなかったので、ひとまず掃除をしてから埃を取り除き2×4材の設置にかかる。

2×4材は地元のホームセンターで購入したのだが、私の家は天井までが260センチのため

  • 8F=243.8センチ → 長さが足りない
  • 10F=304.8 → ちょうどいい
  • 12F=365.8センチ → 少し長すぎる

といった具合なのだが、家から5分ほどの近所のホームセンターには10Fが販売しておらず12Fしかなかった。長ければもちろんその分値段も少し上がる。家から20〜30分圏内だと他にもホームセンターが3つほどあるのだが、その中で最も近いホームセンターは2×4材が店外に置いており雨ざらしのため却下。時間を取るか、お金を取るかということで結局12Fの2×4材を購入。そのままカットしてもらいディアウォールをセットして設置してみた。

本当は1番左端に設置したいのだが、左端の天井にセキュリティーが設置されているため2×4材を寄せることができなかった。

ただ窓までの横幅が100センチだったため窓側に合わせると意外と綺麗に納まった。

ちなみにディアウォールはAmazonで購入。ホームセンターにも売っているのだが、かなり割高であった。

ADILS(オディリス)の取り付け

解体して残った天板にADILS(オディリス)の取り付け。今回は予備1本を含め6本購入しており強度を見ながら付けていった。結局4隅の加え手前に1本付け足して装着。

机幅が145センチなので、念のため中央にも1本補強にと付けていたがハンコンのペダルと干渉するので取り外した。天板が重く上部なので5本でも十分な強度を保っている。

created by Rinker
IKEA (イケア)
¥565 (2018/11/16 14:27:56時点 Amazon調べ-詳細)

BESTEKモニターアームの取り付け

机の高さが従来の77センチから70センチに下がったのでその分モニターアームは高さをつけて装着した。角度の問題で想定とちょっと異なる場所への台座の設置となったが、綺麗に納まってくれた。1枚だけモニターの種類が違しグレアなのはご愛嬌。購入から5年以上経っているのでそろそろ壊れるかなと思っているがなかなか壊れる気配がない(笑)

PCの配線

取り外し時にメモを貼り付けていたので接続はスムーズに行うことができた。問題はいかに配線をまとめ綺麗に隠していくかだが、モニターアームを使用したことにより、配線を沿わす形で設置できたので綺麗に隠すことができた。

収納の確保

さて引き出しやオープン収納を解体したことにより収納の確保が必要となったわけだが、1つは有孔ボードを利用し収納棚を作ることにした。

作成にあたり参考にしたのはこちらのブログ
トバログ:賃貸でも書斎のある暮らし③:ディアウォールと有孔ボードでおしゃれな収納棚をDIY
99%DIY:【賃貸DIY】ディアウォールを使った有孔ボードの壁と棚柱を使った棚の作り方

収納棚自体は地震等での落下を考え使用しても2段くらいなのでチャンネルサポートは60センチのものを使用。有孔ボードの穴に合わせてネジ止めできるので高さを合わせるのは楽だ。とりあえず現在の置きたいものは1段で済みそうなので1段だけ設置し、置きたいものが増えたら2段にする予定。

1つ失敗したのが何も考えずに有孔ボードを購入してしまったため、穴径8ミリ穴ピッチ30ミリを購入してしまった(地元のホームセンターではそれしか選択肢がなかったのだが)。

のちに有孔ボードのフックを探している時に穴径5ミリ穴ピッチ25ミリ対応のフックばかりであることからこの事実を知り愕然としたのはいい勉強代だ。したがってまだなかなか良い有孔ボードフックに出会っていない。

また我が家がいかに天井が高いからといって高さ180センチの有孔ボードを購入したものの天井までびっちり付けないと有孔ボードと机の間に配線を通す隙間が確保できなかったため、トバログと同様にディアウォールと干渉し少し反り返っている(笑)そこまで真似する必要なんてないのにと一人で笑ってしまったのもDIYの醍醐味かもしれない。

解体した引き出しに代わる机下の収納は2段のカラーボックスを購入し、ニトリのカラーボックス2段・3段専用貼るだけキャスター4個入(WH)をつけて可動式にしている。可動式にした理由はホコリの除去等掃除のしやすさやレイアウトの変更が容易であるからである。

DIYにかかった時間

解体も含めだいたい5時間かけて形が完成(1人での作業)。有孔ボードを1人でねじ止めするのは至難の技だったので有孔ボードのネジ止めは2人以上での作業が好ましい

かかった費用

IKEA

  • ALDIS(オルディス) 250×6 1,500円

ホームセンター

  • 2×4材12F 848円×2 1,696円
  • 木材カット代 30円
  • ストッキー 1,280円
  • 支柱 388×2 776円
  • 棚受 268×2 536円
  • パイン集成材 1,180円
  • 2段ボックス 880円
  • 有孔ボード91×180 2,926円

ニトリ

  • キャスター 999円

合計11,846円

まとめ

今回は事前に設計図を書いたり、2×4材やディアウォール、有孔ボードなどを準備していたのでスムーズに作業が進んだ。予算的には1万円を切りたかったが2×4材が10Fのものを使用したり、ALDISを1本減らしたり等すれば1万円ちょうどでてきたと思う。今まで死んでいたスペースが蘇り、広々と机が使えるようになり満足である。既製品を使うのもいいがたまにはDIYをして楽しめる自分の空間を作り上げるのもいいのではないだろうか。

ちなみに今回のDIYで解体した棚やカットした2×4材の残りなど端材がそこそこ出ている。今度はこの端材を使って何か作れないかまた考えたいと思う。

created by Rinker
サンコープラスチック
¥1,382 (2018/11/16 14:27:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイロジック
¥618 (2018/11/16 14:27:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイロジック
¥236 (2018/11/16 14:27:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ノンブランド
¥1,441 (2018/11/16 14:27:59時点 Amazon調べ-詳細)