Apple公認のシンプルかつ機能的なバックパック INCASE City Collection Compact BackPackを購入!

昨年末から購入を悩んでいたバックパックだが、年が明けてようやく購入に至った。

CHECK!通勤にも普段使いにも使えるリュックが欲しい

購入したのはガジェット好きにはお馴染みのメーカーであるINCAESEのCity Collection Compact BackPackのブラック。型番はCL55452の方。INCASEは唯一のApple公認のバックパックブランドということで有名だが、その名に恥じないデザインとシンプルかつ機能的でありオススメしたいブランドの一つ。

購入してから3週間ほど使ってみたので中身と使用感などについてレビューしたい。

スポンサーリンク

INCAESE City Collection Compact BackPackとは

スペックは以下の通り

  • H46×W33×D13 850g
  • 300デニールEcoyaポリエステル
  • ノートPCを包み込むようにクッションを配置した360°プロテクション構造
  • 小物収納は全面起毛裏地
  • 正面ポケット内には3本のペンホルダーと2つの小型ポケット、タブレットが入るスリーブ装備
  • ファスナーの引き手には使いやすい“くの字型”を採用

Compactと名前がついているが個人的には大きめに感じている。

外観や中身などをレビュー


現物は店舗で確認していたので、ホツレや縫い目が甘いところがないか確認(Amazonのレビューにはハズレがあったようなので)。Compactと名前についているが思っている以上に大きめ。

肩掛けの部分はかなりしっかりとした素材でできており、かといって硬いわけではなく柔らかいので背負っている感じも軽い。

肩掛けの下部はこんな感じ。上部がしっかりしているだけに、後々切れないかすこし不安だが普段使いには全然問題なさそう。さりげなくINCASEのロゴも主張しているデザインもGOOD!

持ち手部分も太めでしっかり。荷物が多くて重くても問題なさそう。

表面右上にINCASEのロゴ。

ファスナーはくの字型になっており、こちらにもINCASEのロゴ。

肩掛けの中央にもあまり目立たない感じでINCASEロゴ。

ポケットや収納について


メインポケットはこんな感じ。奥に見えているのがPC収納スペース。中は起毛裏地なのでもうもふしており、傷つかない仕様になっている。本来はここにMacBookを入れたりするのだが、私はiPadを入れている。

写真は少しわかりにくいがマチもそれなりに大きく、13センチほどの2段型のお弁当箱を入れても書類等を入れるスペースが確保できる。

上部の小さいポケットももふもふしている全面起毛裏地。あまり傷つけたくない小物をここに入れている。

外側下部の収納部分。こちらにはタブレットスペースやペンなどを挿せるスペース、小物収納スペースがある。ここは結構縦に長く作られているが奥行きはそれほどないし、記事もそれほど分厚くないので衝撃には注意が必要。

3週間使ってみた感想


昨年から悩みに悩んだ末に購入したINCAESEのCity Collection Compact BackPack。両手が空いて通勤するのってこんなに気持ちいいのかと、駅まで歩いていて思うバックパック。背負っている感じが軽く、肩への負担も非常に少ない。背中の部分もしっかりかつ柔らかい素材で作られており、負担が少ない。現在は通勤用に使用しているが、普段使いでも一眼レフも入る大きさでたくさんの荷物を入れることができるので旅行でも使いたい。

また防水機能もついており、一度通勤からの帰宅時に10分ほど雨に打たれたが、表面は水を弾いてビショビショであったが中まで浸み込むことはなく、さっとタオルで拭くだけで済んだのもよかった。もちろんあまり濡れすぎるとファスナー部分から浸みてくる可能性もあるのでほどほどに。

とにかく悩んで買ってよかったバックパック。心なしか通勤の足取りも軽くなった気がする。

Amazonだと定価より4,000円〜5,000円程安く購入できるのでお買い得。ただしAmazonのレビューにもある通り、B級品に近い物を販売している韓国企業が多いので、購入前に販売業者を確認して日本企業から購入することをオススメ。

購入はこちらからどうぞ