カメラも三脚もiPadも持ち歩きたい時はINCASEのDSLR(CL58067)SLING PACKがおすすめ!


カメラもレンズもiPadもカバンに入れたくて、INCASEのDSLRスリングパックを購入した。型番はCL58067。

DSLRとはDigital Singel Lens Reflexの頭文字からきており、デジタル一眼レフという意味。つまりカメラを収納するために作られている。

INCASEは唯一のApple公認のバックブランドということで有名だが、その名に恥じないデザインとシンプルかつ機能的であり、オススメしたいブランドの一つ。今年に入ってバックパックを購入し、そのデザインや機能性に満足したので、ちょっとしたお出かけなどの普段使いのカメラバックもINCASEに変更してみたので紹介したいと思う。

スポンサーリンク

INCASE DSLRスリングバックとは

外観

第一印象は思ってたより大きいそれでもスタイリッシュで無駄のないデザイン。

素材はナイロンでできており、サイズも縦40cm、横24cm、深さ12.5cmと使いやすいサイズ(写真は横向にした状態)。

収納

内部収納は自由仕切りタイプで自分の好きなポジションに取り外して使うことが可能。容量も約8Lあり、比較的たくさんに荷物が入る。またクッション性も抜群で衝撃や傷から保護してくれるので安心だ。ファスナー付きの小さなポケットもあるので小物の収納も出来て使い勝手が良い。

11インチまでのMacBook AirやiPadなどが収納可能

Apple公認ということもあって、あらかじめiPadや11インチのMacBook Airなどの薄型ノートPCの収納が可能となっている(写真はiPad10.5を入れたもの)。

iPadもご覧のような形でフィットして収納できる。

反対側はファスナー付きの網目の収納も有る。一見するとタブレットが同じように入りそうだが、真ん中でセパレートされているので注意。

表面にも収納が

表面にもファスナー付きの収納があり、分厚くないものであれば十分に収納ができる。

3つのポケットもあり、小物の収納に向いてるかも。

肩掛け部分はバックル式

以前所有していた安価なカメラバッグは肩掛け部分がバックル式でなかったため、バッグを掛けたり降ろしたりという作業を頭を通してするため大変不便であった。このINCASE DSLR SLING PACKはバックル式のため、この作業がバックルの取り外しだけで済むため非常に簡単であり、バックル式がこれほどまで重要な部分であるということを改めて身をもって感じた。

肩掛け部分の根元はしっかりしている。

持ち手は2箇所も

持ち手が2箇所もあるので、どちらかを持ちながらバックルを外して安心して持つことが可能。

持ち手は上部に1箇所

横側にも1箇所(写真はバックを縦にしている)

収納してみた

実際に収納してみたのがこちら。レンズは1本ボディに着けていたら最大3本入るし、十分すぎる収納スペースがあるのでモバイルバッテリやーカメラの予備バッテリー、ミニ三脚や小物をいれたポーチなども余裕で収納ができる。

底面は三脚の収納も可能

このINCASE DSLRは底面に収納用のストラップが付いており、三脚の収納ができるようになっている。このサイズや価格帯で三脚を収納するパーツが付いているカメラバッグが少ないため、購入の決め手にもなる部分。残念ながら私はまだ三脚の購入を検討している段階なので収納は出来ていないが、将来的なことを見越してあったほうがいいなと思った。

まとめ

INCASE DSLRはシンプルなデザインのカメラバッグであるが、Apple公認ブランドであるという安心感と、痒いところに手が届く仕様となっており、大満足のカメラバッグである。十分すぎる収納力から見た目以上に収納が可能な点や、内部のクッション性も抜群で自由仕切りから自分の好きなように配置ができる。また収納は全てファスナーという点も安心でき、肩掛け部分はバックル式になっているなど使用者が求めているツボを押さえている。

カメラも三脚もiPadも持ち歩きたい人にはぜひおすすめしたいカメラバッグだ。