私のファーストカメラ〜RICOH CX1〜

昨年は春先にSONYのα6000を購入して、カメラの楽しさを覚えた1年でした。

シャッタースピードって何?F値?ISO??と全く知識がなかった私ですが、少しずつ勉強を重ねて今では少しはマシになったかなと思っています。

今回はそんな私が初めて購入したカメラをご紹介します。

スポンサーリンク

初めて自分で買ったカメラはRICOHのCX1

思い起こせば初めて買ったデジタルカメラはRICOHのCX1でした。会社員になりたての2009年に購入したのですが、当時価格.COMでかなり評判がよかったので購入した記憶。スペック的にも

  • 重量180gのコンパクトボディ
  • 929万画素の1/2.3型CMOSセンサー
  • 広角28mmからの光学7.1倍ズーム
  • 3.0型液晶モニター

という感じで値段もお手頃価格でコストパフォーマンスが高いカメラでした。

このカメラでいろいろな所に旅行に行って撮影したし、結婚式はこのカメラで妹に撮影を頼み、新婚旅行もこのカメラと一緒に沖縄へ行きました。妻が妊娠して、お腹が大きくなって行く様子も毎週このカメラで撮影し、長女が生まれてからしばらくの間もこのカメラで成長を撮影していました。

長女が生まれて半年後の2012年の1月にiPhone4Sを購入してから出番が減っていき、それでもたまに綺麗に撮影したいときや野球観戦に使用していましたが、最終的に充電しても電源が入らなくなってしまったためサヨナラした思い出のカメラ。

昨年から思わぬ形で再びカメラを始めたわけですけど、写真データを整理していたら当時撮影したものが出てきて、再び見直してみると改めていいカメラだったんだなぁと思ったので少しだけ作例を紹介したいと思います。


まずこちらは京都貴船の川床で食事をしている時の1枚。天然の日陰に川の流れが涼しく、美味しく食事をいただいた思い出。無加工ですがいい色です。


こちらは京都の渡月橋。数年前に大雨に氾濫で橋がめちゃくちゃになっていましたが、これはその前のものに撮影したものです。


こちらは北播磨中央公園で撮影した1枚。空の青に木々の緑が映えるなぁと思って撮影したもの。池に反射したのも個人的に気に入っています。


こちらは徳島県の眉山より撮影したもの。海側を向いて撮影。


こちらも徳島県眉山より撮影したもの。山側を向いて撮影。


少々ピントが迷子ですが、マクロモードで寄って撮影。コンデジなんですけどこれだけ寄ると背景はボケました。


この頃マクロで寄って撮影することにハマっていたみたいでこの類の写真が多く残っていました。


こちらは沖縄に新婚旅行に行った時の1枚。サンセットビーチより夕焼けを撮影しようとしていたら、雲に隠れてしまったのですが、それが逆に幻想的な色合いになりました。


こちらも沖縄より、アメリカビレッジの観覧車。このCX1のカメラは難しい設定をしなくても夜間でもそれなりにきれいに撮影することができました。


こちらは沖縄県の有名な観光スポットである万座毛より。


宮古島の海より。本州の海みたいに潮くさくないし、エメラルドグリーンが本当に綺麗です。


こちらも同じく宮古島より。

さいごに

以前に『私のファーストカメラ』と題したブログを見かけたことがあり、そのうち振り返って書きたいなと思っていたいたのが今回のテーマでした。今でこそスマートフォンが普及してカメラはより身近なものとなりましたが、当時はガラケーで写真を撮影している時代でしたね。

今回写真を見直して思い出がいろいろ蘇り、もっといっぱい撮影しとけば良かったなとか、当時もっとカメラのこと勉強しとけばよかったななどいろいろ思うところがたくさんありました。今回は比較的きれいに撮影できたなと思うものを作例として紹介させていただきましたが、ピントがブレていたり、とにかくとりあえず撮影した感じの写真が多かったです。それでも日々過ぎゆく中の一瞬一瞬を残したものなので、見返していると懐かしい思い出が溢れていたので、これからもたくさん写真を撮影してその一瞬一瞬を残していきたいと思います。