初めてのソニー単焦点レンズは控えめに言ってもSEL35F18で決まり!


3月末にSONYのα6000を購入して、早3ヶ月が経過。

CHECK!α6000を購入!初めての一眼には最適な最高のカメラ!

購入記事の後半でさくっと作例と一緒に紹介していたが、α6000の購入と同時にSONYのEマウント用単焦点レンズの「SEL35F18(E35mm F1.8)を購入していた。
購入時には選んだ理由や魅力など詳しく説明していなかったので、このレンズの魅力をこの3ヶ月撮った写真とともに書いていこうと思う。

SEL35F18はボケる楽しさを与えてくれるレンズ

購入理由

iPhoneXを購入してから写真がボケる楽しさを知り、ミラーレス一眼レフの購入に至ったわけだが、しっかりボカせないと意味がない!ということでこの単焦点レンズを購入した。

F値1.8とボケるのに適した明るさのレンズ

SEL35F18(E35mm F1.8)のレンズはF値が1.8と非常に明るいレンズであり、写真をボカすにはこのF値を小さくすればするほど背景のボケが強くなっていく。このレンズは初めての単焦点レンズでも非常に簡単にボケてくれ、カメラを楽しませてくれるレンズの1つだ。
ORG_DSC00102

万能な画角の35mmレンズ

α6000はフルサイズセンサーではなくAPS-Cセンサーのため、35mmのフルサイズのセンサーに換算する計算式は焦点距離×1.5になる。
したがって、計算式にすると
35×1.5=52.5mm
となる。
この52.5mmという数字は標準的な画角で、日常写真を撮影するには最適な画角と言われている。広くもなく狭くもなく撮影したいところを絶妙に切り取ってくれる。iPhoneなどのスマートフォンの画角はかなり広角に撮影できるため多少の慣れが必要だが、撮影するにつれてこの画角の良さを感じてもらえるはずだ。

手ブレ補正はレンズ側にある

α6000にはカメラ側に手ブレ補正の機能がついていない。したがって初めての単焦点レンズはレンズ側に手ぶれ補正があるほうが心強い。このSEL35F18(E35mm F1.8)にはレンズ側に手ブレ補正がついているので、安心して撮影することができる。
逆にα6000の上位機種であるα6500はカメラ側に手ブレ補正がついているので、わざわざこの単焦点レンズを購入する必要はない。少しだけ広角でF値が上がるシグマの30mmF2.8の方がコストを抑えることもできる。もしくはシグマ30mmF1.4はこのレンズとと変わらないの値段でさらに明るいレンズとなっているのでそちらもおススメだ。

小さくて軽い!

α6000自体が345gと非常に軽いカメラであるため、レンズが重くては本末転倒である。このSEL35F18(E35mm F1.8)は154gカメラ本体と合わせても499gとなんと500gを切ってしまう軽さだ。
重いカメラの経験がないため比較はできないのだが、購入後はこのレンズをつけっぱなしにしている機会が多く、1日中首からかけていても全く負担にならない。むしろ今後カメラを買い換える機会になったとき、この重さ以上になることが不安なくらいだ(笑)

この3ヶ月で撮った写真たち

この3ヶ月で撮った写真たち。最近でこそLightRoomCCでの編集の楽しさを覚えた関係で一部現像された写真だが、ほとんどがいわゆる撮って出しの写真ばかりだ。自分で綺麗に撮れたかな?と思う写真をいくつか載せてみたいと思う。









単焦点レンズは集合写真に不向き?

軽いが故に荷物を減らしたくて、単焦点レンズだけ持って出歩くことも多くなった。しかしながらイベント等でキャラクターとの撮影になったとき、会場自体がスマートフォンを前提とした広角の画スペースになっているためこのレンズの画角では少し苦労する。
ORG_DSC00657

上記の写真も係員の人に目一杯下がっていただき収めることができた(汗)したがって限られたスペースでの集合写真等は画角が収まりきらないことが多く、このような場面での用途はおすすめできない。

初めての単焦点レンズはこれに決まり!

そうは言うものの、レンズの明るさ使いやすい万能な画角軽さと初めての単焦点レンズにはこのレンズが最適だ。α6000やα6300を購入された方で単焦点レンズの購入を検討されている方は是非このレンズをおすすめする。日常のスナップや景色の写真、よりボカした写真などミラーレス一眼の楽しさをより一層深めてくれることになるだろう。