雑誌を読むだけなら楽天マガジンをオススメ。楽天ポイントでも支払えるお得なサービス!



2018年の5月から数ある電子書籍サービスの中で楽天マガジンを利用している。それまでは職場の近くに大きな本屋があったこともあり、昼休みや会社の帰りを利用して本屋により、雑誌を立ち読みしていた。しかしわざわざ本屋へ行くという行為が煩わしくなってきたことや、気になる情報があっても全ての雑誌を購入するわけにはいかないので、なんとかしたいと言う思いが強くなっていった。

本屋に寄る時間は無駄な時間?紙から電子書籍へ

電子書籍の入り口はKindleのPrime Readingだった

アマゾンジャパンが2017年10月5日にプライム会員向けの新サービスとしてPrime Readingを開始したのが電子書籍を始めたきっかけ。気になる本をいくつかダウンロードして読んで見たが、私の読んでいる雑誌はほとんど読めなかった。それもそのはずサービス開始当初は約900冊しかなく、Kindle Unlimitedと比較してもおまけ程度のサービスであった。

そこからしばらく電子書籍から離れてしまうが、2018年の3月にKindle Unlimitedの1ヶ月無料体験に登録。私が読んでいたほぼ全ての雑誌をカバーしており、素晴らしいサービスであると実感したが、今度は逆に本の数が膨大になり、選択肢が増えすぎて使いこなせない自体に。普段読んでるもの以外に、あれもこれも読みたくなりダウンロードするが読む時間が追いつかなかった。

普段は子育てパパをしていることもあり読書時間が限られていることや、月額980円は他の電子書籍サービスに比べると少し高めで(その分たくさん読めるのだが)小遣い制のサラリーマンには少し厳しい(私自身はDAZNなど月額制のサービスにいろいろ加入しているので他に加入していないければ絶対おすすめ)。

楽天マガジンかdマガジンか、決め手はポイントでの支払い

Kindle Unlimitedを諦めることで文庫本は読めなくなるが、今読んでいる雑誌が読めればいいのでKindleの無料体験終了後に楽天マガジンの無料体験に登録した。楽天マガジンは200誌以上を網羅しており、税抜380円(税込410円)とKindleの半額以下だ。楽天スーパーポイントでの支払いも可能なので、普段楽天市場を利用している人はさらに安くなる。また楽天PointClubのアプリをインストールしていると毎日1ポイントもらえるので月間30〜31ポイント獲得でき、実質消費税分が無料みたいな感じにもなる。

私が楽天マガジンでよく読んでいる雑誌

・DIME
・MONOQLO
・Flick!
・GetNavi
・デジモノステーション
・Mac Fan
・家電批評
・月間Goods Press
・日経PC21
・週間アスキー
・CAPA
・auto sport
・F1速報
・GO OUT
・日刊トレンディ
・Begin

最低これだけは読んでおり、他にも気になる記事の雑誌があれば読んでいる。これらの雑誌を毎月買えば一体いくらするのだろうか…

事前にダウンロードしていれば通信料を気にする必要もない

楽天マガジンはアプリさえインストールしていれば基本的にはどこでも読める。またWEBブラウザ上でも閲覧可能だ。アプリの設定から「お気に入りの雑誌を自動ダウンロードする」をオンにしていると、Wi-Fi接続時にアプリを起動しておけば自動でダウンロードしてくれる。事前にダウンロードしていれば通信料*や電波状況を気にする必要もないので、格安SIMの重い時間帯でもストレスなく読むことができる。**私のスタイルとしてはiPadでの閲覧を主としており、朝時自宅でアプリを起動して事前にダウンロードしておき、職場での昼休みに閲覧して空いている時間をうまく使っている。

まずは1ヶ月間のお試しから

この記事を読んで楽天マガジンが少しでも気になった方は、31日間のお試しサービスを使ってみることをおすすめする。百聞は一見にしかず。31日間0円で試すを押すとサクッと開始できるのでチェックして見てほしい。なお雑誌のダウンロードは端末の空き容量に影響があるので、容量に余裕のある端末での利用をオススメする。
楽天マガジン

電子書籍ゆえの唯一のデメリット

一部雑誌では

紙の雑誌とはコンテンツが一部異なり、掲載されていないページがございます。

といった記載があり、ページそのものが掲載されていなかったり、一部が白抜きになっているケースがある。週刊誌系はこのようなケースが多く感じられたが、私が読んでいる雑誌は特段気になるほどではなかった。読まれる雑誌によって違うのでそのあたりも無料お試しで確認してほしい。