SparkのSiri機能を使い、送りたい相手にワンタッチでメール作成するショートカットレシピ

SNSが普及した昨今、特にLINEの普及によりスマートフォンのメール機能を使う機会もめっきり減ってしまった。そんな中、実家の母はこのご時世にも関わらず携帯電話すら所有していないので、急ぎでない簡単なやりとりは実家のPCに設定しているGmailに送信している。しかしながらメールの作成で受信したメールから返信したり、以前の送信メールを引用したり、連絡先アプリからアドレスを選択したりと送信するのに手間が多かったのでメールアプリ『Spark』のSiriとショートカット機能を使ってワンタッチでアドレスを指定し、本文作成画面になるレシピを作ったので紹介したいと思う。

スポンサーリンク

ショートカットの中身

Sparkの設定

Spark – E-Mail-App von Readdle
Spark – E-Mail-App von Readdle
Sparkのアプリを開いたらメニューを開いて設定を開く。設定を開くとSiriとショートカットという項目があるのでタップ。

メール作成をタップし宛先を入力。複数のメールアドレスを所有しているならこの時変更もできる。

Siriに追加しないと次へ進めなかったので、適当に登録。Siriで呼び出したい方はここできちんと登録しておこう。

右上の完了を押し、Sparkでの設定はここまで。

ショートカットアプリでのレシピ

Kurzbefehle
Kurzbefehle
Developer: Apple
Price: Free
ショートカットのレシピは超簡単!さきほど作ったSparkの設定を引っ張ってくるだけ!

まずはショートカットアプリを起動し、ショートカット作成画面へ。検索欄より『Spark」と入力すると先ほどSiriに作成したものが表示される。

なんとレシピはこれで完成。あとはわかりやすい名前とアイコンを変更すれば完成!

ウィジェットに表示しておけばすぐにメールが作成できて便利!特定の人にしかメールを送らない人はおススメのショートカットだ。