全ての集約をEvernoteへ 私のEvernote活用術

定番メモアプリのEvernote。私は2012年の9月からベーシックプランで利用しているが、Evernoteはもはや生活の一部になり、全ての情報をEvernoteに集約している。

スポンサーリンク

Evernoteは全ての情報の終着地点に

私にとってEvernoteとは「脳」そのもの。人間の脳では記憶しきれないものすべてをここに集約し、必要なときにその引き出しを開けるイメージで使用している。ただしこの引き出しにたどり着くまでに段階を踏んで行き、必要と判断したものだけを最終的にここに集約している。したがってなんでもかんでもここに詰め込んでいるわけではない。Evernoteのアプリがなくなるなんてことになったらもうそれこそ一大事である。

Evernoteに情報が詰め込まれる過程


ではどのようにしてEvernoteへ集約されていくか、頑張って下手くそな図を描いてみたのでそれぞれの経由しているアプリの役割を紹介したいと思う。

Safari

言わずと知れたインターネットブラウザのSafari。実はSafariから直接Evernoteに入るケースは少なく、まず後で読むで定番のPocketに入る。Evernoteは集約された情報が入るのに対し、Pocketにはとりあえずなんでもかんでもいろいろな情報が突っ込まれて行く。

Twitter

IFTTTで「TwitterでいいねしたツイートをPocketに保存」というレシピを使用し、こちらもまずPocketに情報が入る。ただいいねしたものの大抵はPocketでアーカイブされてしまうため、Evernoteまで残る情報は少ない(笑)動画などいますぐ見れないものはいいねして、あとでPocketを見たときに思い出すイメージでレシピを作っている。といっても有益な情報はもちろんEvernoteにまでたどり着く。

Feedly

気になる記事、ブログがあればとりあえずFeedlyに登録している。こちらもIFTTTでfeedly→Pocketのレシピをいれているので気になる記事はとりあえずPocketに突っ込まれる。その中でも記事で紹介されているものを買ったりDIYやなにかをマネした場合は記録としてEvernoteに入れている。

Smart News

このニュースアプリは主に通勤の電車内で見ることが多いのだが、電車の乗車時間は約10分ということで、ほとんど気になるものはまずPocketに突っ込んでいる。あとでじっくり読んで、有益だと思った情報をEvernoteに入れている。

Pocket

後で読むで有名なこのアプリは、Evernoteにたどり着くまでの過程で大変重要な役割を担っており、ここで情報がブラッシュアップされる。インターネットから得られる情報はまずここを経由して有益なものだけEvernoteに集約されていく。

PasCal

以前から紙の手帳は見返す機会が少なく、物だけ溜まっていき不便だなと感じていた。昨年iPadを購入した時にApple Pencilを同時購入したこともあり、この手書きの手帳カレンダーアプリのPasCalを購入(240円)。このアプリは手書きのカレンダーにgoogleカレンダーが連携されているアプリで、手書きにはマーカーペン付箋と大きくわけて3つの機能が使える。そしてこのアプリ、エクスポート機能がありEvernoteと連携できるようになっている。ただ、タイトルが指定できないことやノートブックを指定できないため、エクスポート後にEvernote側で調整が必要だ。主に仕事の内容をこのアプリに書き込み、1日の終わりに振り返りとともにEvernoteに保存している。残念ながらこのアプリは今ダウンロードできない状況で、かつアップデートも長らくされていないのが唯一不安な点である。

Spark

メーラーアプリで有名なSpark。実はこのアプリも外部サービス連携でEvernoteと連携しており簡単にEvernoteに保存することができる。今7つのメールアドレスを使い分けてこのアプリで管理しているが、大事なメールにはピンをつけている。その中でも何かのサービスに登録したりアカウントを取得したりしたときのIDやパスワードが記載されているものはEvernoteにも保存している。ノートブック指定タグの追加もできるので非常に便利なアプリだ。

todayee

PasCalが仕事のログを残しているのに対し、Evernoteに記録できるtodayeeはライフログの役割を担っている。todayeeシリーズの中でもtextを利用しており、夜寝る前にその日の1日の出来事を昼ご飯、晩ごはん含め箇条書きで記録している。寝る前にも関わらず数時間前に食べた晩ごはんが思い出せないことも多々あり、いかに日々を無意識に生きているかを見直す上で日常のあらゆることに興味関心をもって意識づけすることを心がけている。このブログを始める前にエキサイトブログで学生の頃から13年間ほぼ毎日ブログをつけていたのだが、そちらのデータもぼちぼち移植させていきたいと思っている。

Google drive

Evernoteはベーシックプランで契約しているため、月間で50MBのアップロード制限がある。しかしテキスト情報やインターネット記事だけだとこの50MBだけの容量でも全然問題はない。ではGoogle driveはどのように使っているかというと基本的にたくさんのPDFの保存場所になっている。紙ベースのものをスキャンしてPDFにしているものも多々あり、Evernoteに集約するPDFとしてはクレジットカードの明細、給与明細、源泉徴収票であったり、健康診断の記録や自分や子供の保険の契約内容、登記事項証明書や確定申告の控え、子供からもらった手紙、家電の取り扱い説明書などたくさんのPDFを保存し、EvernoteはGoogle driveの共有URLを貼り付けて管理している。以前はChrome系のブラウザであればGoogle driveの連携があり、挿入がものすごく楽だったのだが、数ヶ月前からそのボタンが無くなっておりGoogle driveを開いて共有URLを取りにいかなくてはならなくなったので少し不便に感じている。

Google keep・メモ帳

メモアプリはこの2つを使用している。Google keepは仕事に関するメモ純正のメモアプリは私的なメモと使い分けて使用している。このメモたちも確認が終わればEvernoteへ保存し、メモアプリからはアーカイブして管理している。

次回、私のノートブックを大公開!

今回の記事ではEvernoteに集約されるまでの過程をご紹介。次回はこの過程の中でいったいどんな情報がEvernoteに集約されているか、全ノートブックを大公開したいと思う。お楽しみに!

Evernote
Evernote
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ