iPhone・iPad・Androidのメールアプリは多機能を備えるSparkがオススメ!


Googleはメールサービス「Inbox」の提供を2019年4月2日に終了することを正式発表した。私自身も以前に利用したことがあり、愛用者の多いこのアプリの終了はツイッターのトレンドに入るなどタイムラインを騒がせるとともに代替アプリはどうすれば?という流れに変わってきた。

スポンサーリンク

Inboxの代替はSparkで決まり!

Sparkは非常に多機能でいろいろなことができるが、まずInboxの代替として検討されている方のために主に私が気に入っている機能を中心に紹介したい。

Spark – E-Mail-App von Readdle
Spark – E-Mail-App von Readdle

複数のアカウントの受信メールが、1つの受信トレイに整理される

Gmailだけでも複数アカウントを利用していると、アカウントを都度切り替える必要があり、これがかなり面倒くさい。

SparkはGmail、Exchange、Yahoo、iCloud、Outlook、その他IMAPサーバーに対応しており、この中からいくつでも登録できることや、同一サービスでも複数登録できる。設定より「アカウントの追加」から登録するだけで、すべてのアカウントの受信メールが受信トレイに集約される。ただし2段階認証したiCloudメールはApple IDの管理からApp用パスワードを生成する必要があるので注意。

自動で振り分ける受信ボックス

Sparkでは受信トレイが2通りあり、全アカウントの受信メールがずらっと並ぶInboxモードSmart Inboxモードがある。Smart Inboxモードとは「新規」「通知」「メールマガジン」「ピン付きメール」「既読済み受信トレイ」など自動で振り分けて表示してくれるので、各アカウントやメールの種類別で全体を把握したい時に役立つ。私はSmart Inboxモードが気に入っているので常時こちらの受信トレイを使用している。また各メールアカウントごとに色付けすることが可能なので、慣れてしまえば色だけでどのメールアドレス宛に届いたのか瞬時にわかる。

スワイプで簡単操作

スワイプは最大4つまで設定できるようになっており、右からの浅いスワイプがピン留め、深いスワイプが削除、左からの浅いスワイプがEvernote、深いスワイプをアーカイブにしている。こちらは好みで自由に変更ができる。私は特に重要なメールはピン留めし、場合によってはEvernoteへ放り込んでいる。

CHECK!全ての集約をEvernoteへ 私のノートブックを大公開!

送信・返信のアドレスを自由に切り替えられる


受信トレイを1つにまとめることもさることながら、もちろん送信も一元管理ができる。基本は設定よりデフォルトのメールアドレスを設定し、そのメールアドレスからの送信になるが、メール作成画面上部の差出人をタップすると登録しているメールアドレスに変更ができる。返信の場合、デフォルトのメールアドレスではなく宛先であったメールアドレスからの返信となるが、こちらも同様に変更が可能だ。

外部連携サービスの多さ


Spark は外部サービスの連携の多さも魅力の1つである。DropboxやGoogleドライブ、 OneDrive、iOSのファイル、 Pocket、Evernoteなど20種類の外部サービスと連携できる(2018年9月現在)。今のところ私はEvernoteとしか連携していないが、選択肢の多さは魅力だ。例えば普段よく使うアプリからSparkを呼び出し写真や文書を添付することができたり、メールの内容をPDF化し、クラウドにアップロードすることもできる。

Apple Watch用のアプリも

Smart Inboxモードの設定はApple Watchにも反映され、重要なメールが届いた時だけ知らせてくれる。通知画面から直接返信を送ることもできるそうだが、私はとりあえずメール内容の確認に使用している。

まとめ

今回の紹介ではSparkの私が気に入っている部分を紹介させていただいた。本当に多機能なメールアプリであり、今回紹介できていない機能も多い。これだけの多機能でありながら無料かつ広告も表示されないのでぜひオススメしたい。

Spark公式HP:https://sparkmailapp.com/ja

Spark – E-Mail-App von Readdle
Spark – E-Mail-App von Readdle