Apple Watchの保護にDalinchのガラスフィルムを購入・レビュー


昨年の12月にApple Watchを購入して10ヶ月。当初は裸で使用していたものの、いろいろ調べているとやはり知らないところで小傷がついたりと書かれている方が多かったので、保護しないで後悔する前にとDalinchのTPUフィルムを購入していた。

CHECK!Apple Watchを買って3ヶ月が経ちました

このTPUフィルムは3枚入りで非常にお得感が高かったのだが、いかんせん貼り付けが非常に私には難しかった。謎のスプレーを吹き付け、TPUフィルムを貼り付けるのだが、フィルムが画面上で滑り、うまく合わせられないので何度もやり直す羽目に。乾いてからようやく確認ができ、うまくいけばそれなりに見た目は綺麗になる。
弧状のエッジ加工をしており、フィルムの端が浮いてくるのを防いでいるのだが、それでも1ヶ月くらい経過すると下記の画像のように弧状加工した横の部分から剥がれてくる。一度こうなってしまうとどうすることもできず、今回2度購入したうちの3枚目がこうなってしまったので、別のフィルムに変えてみることにした。

スポンサーリンク

今回購入したのは同じDalinchのガラスフィルム

購入してパッケージをみてから気づいたのだが、今回もDalinch製のフィルムを購入した。Apple Watchのガラスフィルムの中でも比較的レビューもよく、失敗しても安価であることや(中にはレビューの割には結構お高めのガラスフィルムもある)、2枚入りということも購入を後押しした。またApple Watch4の発表直後に通常1,599円が400円になっていたので即購入に至った。Keepaで確認すると9月に入り定期的に400円になっている日があるので興味のある方は要チェック。

中身はシンプルでガラスフィルム2枚に、クリーニングペーパー、写真にはないがクリーニングペーパーの下にガイドスティッカーのシールやホコリ取りのシールが付属している。

貼り付け方も非常に簡単で付属の説明書を見れば問題ないので割愛させていただく。貼り付け方のコツとしては

  • サイズがぴっちりなので四隅がわかる画面表示にしておく。
  • 気泡は最初にある親指の爪で押し出し、30分くらい経過してから残っている気泡を再度親指の爪で押し出すと綺麗に取れる。
  • 気泡を押し出す際に力を入れすぎるとフィルム自体が割れてしまうとレビューに多かったので注意。

Apple Watchのガラスフィルムレビューによくある

  • 画面の反応が鈍くなった
  • 四隅が押しにくくなった
  • 画面を押し込む強押しができない
  • 画面の横スライドがしにくい(切り替え)

と懸念していた問題もなく、強いて言うならば近くで見ると縁の黒が少し気になるくらい。もちろんApple Watchはデザイン性もあるのでここが気になる人はやめておいた方がいいかもしれない。

割れてから後悔する前に手軽なガラスフィルムであなたもApple Watchを守ってはいかがだろうか。