iPhoneXからiPhone11Proへ買い換え!使用感や感想をレビュー


9月20日より発売された2019年の新型iPhone。今回iPhoneXから iPhone11Proへ買い換えたのでその経緯やレビューをしていきたいと思う。

購入した経緯は、本当は買い換える予定はなかったのだが、妻が使用しているiPhoneSEがもう3年使用しており、バッテリーの持ちが非常に悪く、またスペックの関係でアプリ等のもっさり感が酷かったため、私の使用しているiPhoneXを使用してもらうことになり買い換え。iPhoneX自体はまだ購入して1年半ちょっとなのでしばらくは持ちそうとの判断。

というわけで元々買い換える予定ではなかったので、発売日の9月20日に注文したため、届いたのは10月4日。それでも予定日より早く届いたおかげでこの土日にセットアップを済ますことができた。

スポンサーリンク

iPhoneXやXSからの正常進化を感じるiPhone11Pro

外観や同封品を紹介

今作の特徴の一つとして外箱が今までの白を基調としたものから黒へと変更されている。

外箱を開けるとこんな感じ。蓋を開けるといきなりiPhoneが登場するのはiPhone7以来久しぶりのこと。今作はトリプルカメラが売りのため背面を表に出して収納されている。他に変わった点といえばAppleのロゴが中央にきているが言われないと気づかないかも。

本体下の付属品はこんな感じ。iPhone11Proの特徴としてはUSB-CのLightningケーブルと18W USB-C電源アダプタが付属している点。※無印iPhone11は5W USB-A電源アダプタが同梱。

このUSB-CのLightningケーブルと18W USB-C電源アダプタの組み合わせは約30分で最大50%の充電が可能となる代物。これまでは別途購入する必要があったがこれで手軽に急速充電が可能に。朝起きて30分充電するだけで、50%近く充電できたのでこれは重宝しそう。

あと写真には掲載していないがお馴染みのSIMピンとAppleのシールも入っている(このシールの使い所を教えてほしい)。

使用感に変化なし

iPhoneXからの買い替えのため、画面サイズも5.8インチと変更はなし。スリープモードで見るとiPhoneXとiPhone11Proの区別はほとんどつかない。。。

iPhone6SからiPhoneXに買い替えた前回のように有機ELの全画面ディスプレイやFaceIDの感動、ホームボタンの廃止など見た目上の進化はあまりないため、使用感的には変更した感覚が少ないかもしれない。

CHECK!iPhoneXを購入して3ヶ月が経過、毎日使うものこそ投資を!使用感や感想をレビュー

ただし、iPhone11Proは従来の画面を強く押す3D Touchから長く押すタイプのHaptic Touch(ハプティック タッチ)と呼ばれる触覚タッチ機能型に変更になったのでこれには慣れが必要。

背面はマットガラスに変更も結局ケースをつけてしまう

iPhone11Proの背面はテクスチャードマットガラスに変更となっており、サラサラとした手触りとなり、指紋が付きにくいのが特徴。

本当はケースなしで使用するのがiPhoneのかっこよさを1番活かした使い方なのだが、結局ケースを着けてしまうため、このあたりのアップデートは目立たないかも。

最大の魅力は超広角カメラ

iPhone11Proの目玉といえばトリプルレンズのうちの一つの超広角カメラ。これは無印iPhone11にも搭載されている。

広角って何なの?ってことだが、がつく今作は今までのiPhoneよりも広い視野の写真をとれるようになったということ。広い視野とは同じ場所からさらに一歩下がったような写真がそのままの位置で撮影できるのだが、一歩下がることができないような場所でもこれにより一歩下がったような写真が撮れるというわけだ。

ポートレートモードも進化!ただ一眼にはまだ敵わない

iPhoneXでも感動したポートレートモードだが、ボケとの境界線が一眼レフカメラ等と比較すると不自然な所があった。iPhone11Proではポートレートモードも進化しており、望遠カメラだけでなく広角カメラで背景をぼかせるようになった。また従来の機種よりもさらに近づいてポートレートができるようになったことにより、手軽にボケを楽しむことができる。

それでもまだ必要な箇所がボケてしまったり、不要な箇所が残ってしまっていたり、本格的にボケを楽しむならやはりまだ一眼レフの方が上である。

CHECK!背景がボケると写真は楽くなる!初めての一眼レフにSONYのa6000が欲しい!

ナイトモードで暗い場所でも明るく撮影することが可能

暗いところの撮影では本当に暗かったこれまでのiPhone。iPhone11系のナイトモードはiPhoneが自動で光量が足りていないことを検知し、必要に応じてシャッタースピードを設定して撮影してれるもの。手で持っているときは最大10秒まで設定でき、三脚等を使用して固定していれば最大28秒までいけるとのこと。

シャッタースピードとはカメラの知識が多少ないとわかりづらいかもしれないが、要はiPhoneのカメラの撮影ボタンを押してから例えば10秒後にカシャと撮影すること。この10秒の間に光量を補い明るい写真にしている。秒数が長ければ長いほど手持ちの場合手ブレが生じてしまうので注意が必要だが、3秒くらいがちょうど良さそう。

他にも細かい進化がたくさん

iPhone11Proは次世代通信の5Gには対応していないものの、LTE通信速度が少し速くなったとされている。実感できるものなのか?と思っていたが、たまたま通勤時に遊んでいるゲームの「ドラクエウォーク」で、これまで電車移動時には読み込めなかったアイテム等が急に読み込めるようになったりしているので通信速度の向上のおかげか?とか思ったりしているが(ゲームのアップデートとかはなかったので)、体感的にはそれ以外ではわからない(笑)

体感的に進化したなと感じることができたのはFaceIDの認証速度。明らかにこれまでのもっさり起動していた認証速度が速く感じる。

バッテリー持ちももちろん改善されている。さらにiOS13よりバッテリーの項目に最適化されたバッテリーの充電という項目が追加され、バッテリー劣化を軽減するために日々のiPhoneの充電を学習し、次にiPhoneを使い始める直前まで80%を超える充電を保留してくれる。

まとめ

買い換える予定はなかったものの、毎年iPhoneの進化は楽しい。2世代前のiPhoneXに比べてカメラ周りの進化は著しく、iPhone11Proを使用したVLOGも検討していきたいと思っている。望遠の方での進化はなかったが、こちらは一眼で補うとして超広角カメラで今まで撮影できなかったものを手軽に撮影していきたいと思う。