小さいけど地域の魅力たっぷり!一風変わった道の駅「銀の馬車道・神河」


旅の途中に寄り道したくなるキーワード「道の駅」
先日の大自然を満喫!グリーンエコー笠形でBBQキャンプ!の帰りに道の駅「銀の馬車道・神河」の看板を見つけ、少し寄り道をしてみた。寄り道と行っても10分くらいの距離。でもなぜかナビに出てこないのでネット検索した住所を打ち込み向かって見た。

スポンサーリンク

中播磨地域初の道の駅「銀の馬車道・神河」

道の駅「銀の馬車道・神河」とは町の第三セクターが運営していた飲食施設「かんざき大黒茶屋」を改修し、兵庫県と神河町が整備を進めていた中播磨地域初の道の駅とのことで2017年の11月25日にオープンしていた。道路標識はあるのにカーナビには出てこないなと思っていたらオープンからまだ1年も経っていないということで納得。兵庫県のほぼ中央に位置しており敷地面積は役4,500平方メートルしかなく、道の駅の規模としてはかなり小さい。カーナビが「目的地周辺です」と告げても「え?あれのこと?」と思わず言ってしまったほどであり、失礼ながらパッと見てわからなかった。

銀の馬車道とは

名前についてる「銀の馬車道」とは姫路・飾磨港から朝来市・生野鉱山をつないだ約49キロに及ぶ日本初の高速産業道路とされる国道312号沿線のことを言い、但馬の鉱山群へと続く「鉱石の道」と合わせたストーリーが2017年4月に日本遺産に認定されている。明治・大正期の産業道路で唯一現存する馬車道であり、この道の駅の近くにも現存する「銀の馬車道」が通っている。

特徴

「かんざき大黒茶屋」であった部分が藁葺き屋根で作られており、これがこの道の駅の目印となる。道の駅とパッと見てわからなくても道路からはこの藁葺き屋根が目立っており、通り過ぎてしまうことはないだろう。この建物は飲食や物販、案内施設となっている。他にも地元産の吉冨瓦を使ってデザインした情報提供・休憩コーナーでは田舎暮らしを体験できるイベントなどを紹介している。奥にはアンテナショップが入る建物を新設しており、地元の人たちが約300年の歴史を誇る「仙霊茶」などの特産品の販売やおはぎ、七輪焼きのおかきの味わい方を実演販売するなど地域の名所を広くRPしている。

オススメ

道の駅に来たらご当地ソフトクリームを食べたくなるのは私だけだろうか?

この地域はゆずを推しており、ゆずソフト、ゆずミックスソフト、バニラと3種類あったのでゆずミックスソフトを注文してみた。

ゆずミックスソフトを頼んだはずなのだが、ものすごくゆずが濃厚で濃厚なのにさっぱりしており、口当たりがよく、とても美味しかった。ゆずソフトだとどれくらい濃厚なのかと気になったが、あいにくみんなゆずミックスソフトを注文していたので味を確認することはできなかった。このブログを読んで立ち寄られた方はぜひゆずゾフとの感想を教えてほしいと思う。

4人がけのテーブル3つに、窓に面した2人がけのテーブルが3つとカウンターがある程度で飲食スペースが限られているが、他にも定食やうどん、そばなども店内で飲食可能だ。すぐそばにお土産の販売スペースがあるので出来上がるまでそちらを見ていてもいいだろう。

小さいけど地域の魅力たっぷり道の駅「銀の馬車道・神河」、この一風変わった道の駅に兵庫県神崎郡に寄られた際はぜひ寄ってみてほしい。

アクセス

〒679-2434
兵庫県神崎郡神河町吉冨88-10
℡:0790-32-2837
営業時間:9:00〜18:00
定休日:年中無休
駐車場:大型7台・普通車21台・身障者用2台
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/14162